12月 6

スポーツに何を求めるか

フィギアスケートの羽生結弦選手が次のNHK杯に出場するというのをニュースで見ました。

前回の大会で他の選手とぶつかりながらも出場し、
最後まで演技をする姿を見ると感動すら覚えましたが、たしかに選手生命の危機と言われたらそうなのかもしれません。

スポーツ選手というのはケガがつきもので、とくにプロのスポーツとなると大きなケガは致命傷となります。

ケガをせず、長く現役生活を送ると言うことはほんの一握りの選手だけだと思います。
それだけに今回の羽生選手のようなケースは賛否両論がでても仕方の無いことだと思います。

けれど、テレビで観ている多くの人はスポーツに感動を求めているとも思うので、
できるだけ万全の状態でよい結果を残してもらいたいと思います。


Posted 2014/12/06 by user in category nocategory